メンズネット

メンズネット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

APF通信


ガンバリ国連特使、ミャンマーへ
newsclip.be
ミャンマー滞在中は、軍政幹部と会い、潘基文事務総長からのメッセージを伝える。 一方、ミャンマーで反政府デモを取材中に銃撃され死亡したジャーナリスト長井健司さん(50)が契約していたAPF通信社の山路徹社長は同日午前、遺体を引き取るために、成田空港から現地に ...(続きを読む)


ジャーナリスト、ミャンマーで死す「彼らの映像があるから報道できる」
J-CASTニュース
その紛争地、軍事政権下のミャンマー(ビルマ)でAPF通信社の契約社員、長井健司さん(50)が銃で撃たれなくなった。 今朝の『スパモニ』トップニュースは、紛争地取材に活躍した長井さんの生きざまにスポットを当てた。 長井さんが亡くなった9月27日夜のヤンゴン市内に ...(続きを読む)


記者と契約の会社 両親に説明
NHK
愛媛県今治市の長井健司さんの実家には長井さんが契約していた「APF通信社」の山路徹代表が訪れ、両親にこれまでにわかっている状況を説明しました。山路代表は、早ければ29日にもタイに入り、その後ビザが下りしだい、ミャンマーに入ることにしています。(続きを読む)


日、ミャンマー危険度格上げ
中央日報
長井さんはフリージャーナリストとしてパレスチナやイラク、アフガニスタンなど紛争地域を中心に活躍し、10年前、APF通信社と契約後、動画や写真取材をしてきた。亡くなる2時間前には「比較的静かだ。通りの状況を確認しながら取材する」という電話連絡をしてきてい ...(続きを読む)



APF通信
読売新聞ミャンマー軍事政権に対する反政府デモを取材中の日本人記者長井健司さん(50)が銃弾を受けて死亡した事件で、長井さんが契約していたニュースプロダクション「APF通信社」(東京都港区)の山路徹社長(46)が29日午前、成田空港から ...(続きを読む)


激動のミャンマー(1)
APF通信社の長井記者がミャンマーの反軍事政権運動の取材中になくなりました。 長井記者は「NHK改変問題の真相」という番組の取材・作成されていました。イラク戦争の番組では長井記者の声を聴くとともにお姿を見ることができます。 APF通信社サイト ...(続きを読む)


長井健司
日本経済新聞ミャンマー軍事政権への反政府デモの取材中に撃たれて亡くなったジャーナリスト、長井健司さん(50)が契約していたAPF通信社の山路徹代表(46)が29日午前、ミャンマーに向けて出発した。山路代表はタイ・バンコクを経由して、同日夕には ...(続きを読む)


死をも恐れず勝ち取りたいもの
死者の一人は、APF通信が契約した日本人カメラマン・長井健司氏(50)だった。消息筋によれば、このほかにドイツ人1人が銃撃を受けて死亡し、アメリカ人1人が負傷した。 ▽NLDや民族政党の指導者 相次いで逮捕. 国民民主連盟(NLD)幹部も ...(続きを読む)



★ハゲ&デブから生還した管理人(ヤマト)の絶対お勧め情報↓

【痩せなきゃ全額返金】たった40分で2キロ痩せるダイエット法!

【生えなきゃ全額返金】ハゲからの生還育毛・発毛大作戦!!メール相談あり


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。